menu open
ページの先頭へ

KUMON

くもん出版

なるほど!くもん出版

開発ストーリーや使い方など、意外と知られていない商品に関するお役立ち情報をお伝えします!
絵本・児童書

絵本『しんかんせん!』編集ウラ話

2020/11/27 18:05

長谷川朗さんとの出会い

2015年に個展をされていたころの長谷川さん。仲條正義賞を受賞されています!

12/4(金)の19:30から、渋谷のBOOK&CAFE BAR BAGONEさんで、『しんかんせん!』作者である穂村弘さんと、長谷川朗さんのトークイベントを開催予定です。
オンラインでの参加もできますので、ぜひふるってご参加ください! ここでしか聞けない制作の裏話満載でお送りします。
詳細はこちらから

イベントに先駆け?まして、編集担当の島崎が見た、『しんかんせん!』制作の裏側について、少しだけ書かせていただこうと思います。

長谷川朗さんとはじめてお会いしたのは、2015年の夏に、HBギャラリーのコンペ受賞者として、個展をされていたとき。もう5年も前のことです。

たまたまギャラリーに立ち寄ったのですが、丸、三角、四角などの図形を使って、リズミカルに構成された画面と、色使いのポップさに惹かれました。図形に色がついて目が描かれているだけで、そこにキャラクターを見出してしまう。人が見ることで完成するとでもいうのか、絵を見るという行為の楽しさに気づかされるような気もしました。

この絵、子どもが見てもきっと楽しいだろうな。だって見ているだけでわくわくするしと思い、「いっしょに絵本を作りませんか?」と声をかけました。

一度全ボツに…?

没になったラフの一部。これはこれでかわいいんです!

そんなきっかけで、絵本の制作が動き出しました。個展のイラストなどからイメージをふくらませ、32ページのラフにしていきます。

ふたりの憧れの穂村弘さんにも、文章で制作に参加いただけることに!

しかし、その路線で一度完成しかかったものは没にして、ゼロから考えることになります。きっかけは、穂村さんから出た何気ない言葉。しかし、長谷川さんも編集者も「たしかに!」と思ってしまったのです。

そして、新たに決めたのが「新幹線」という題材です。仕切り直して、3人での制作がはじまります。

どうして長谷川さんの絵で、新幹線を表現することにしたのか。イベントでじっくりお話をさせていただきます。

ラフで修正を重ねていきます

初期のころのラフ。新幹線が動き出すと、むしろ周りの景色が動いたように見えるよね、という絵。     結局使われず、没になりました。

新幹線に乗って降りるまでに起こることを描く、ということが決まり、いれたい内容も大体決めたところで、長谷川さんのラフ作成が始まりました。

販売員さんが押してくる隙間なくものが詰められたカートをどう表現する? 走ってくる新幹線のビジュアルは? お弁当の定番といえばシュウマイ弁当!それをどう絵にしようか?

目標は、どの見開きも格好よくキマっていて、かつ、どんな場面なのか、誰が見ても分かりやすいような絵にすること。何度も描きなおしたり、考え直したり、穂村さんにもアドバイスをもらいながら、時間をかけて少しずつ絵をかためていきました。(下の絵はお弁当のページのラフ)

 

長谷川さんと会って、ラフを見ながらシーンや構図の相談をして、最後には趣味の映画の話で盛り上がり、ある程度まとまったら穂村さんにも見てもらうというのが続きました。

やっとラフが出来上がると、どんどん制作はスピードアップ! 穂村さんの洗練された文がつき、原画が完成し、デザインの工程に進んでいきます。佐々木俊さんによるデザインや、印刷のこだわりなどがあるのですが、今回は割愛させていただきます。

こうして、ゆっくり時間をかけて完成した絵本は、はじめてひとりで新幹線に乗る男の子の、ごくささやかな冒険譚になりました。

  完成したお弁当のページ

ぜひ絵本を読んで、穂村さんと長谷川さんが作り上げた世界を感じてみてください。
さらに、この文章を読んでくださった方と、12/4(金)にイベント会場、あるいはオンライン上でお会いできればうれしいです。

イベント申し込みはこちらから!

このカテゴリの他の記事

なるほど!くもん出版とは

ロングセラー商品ができるまでの開発ストーリー、担当者が語る商品への想い、使い方のコツやヒント、お客さまから寄せられたお声など、楽しく読め、お役に立てるような情報を発信していきます。

商品カテゴリー(KUMON TOY、幼児ドリル)だけでなく、「開発ストーリー」「お客さまの声」といったカテゴリーでも読むことができます。

なるほど!くもん出版 トップへ