menu open
ページの先頭へ

KUMON

くもん出版

なるほど!くもん出版

開発ストーリーや使い方など、意外と知られていない商品に関するお役立ち情報をお伝えします!
知育玩具

ママ・パパのリアルな声紹介!「でるかな?ラトル+えほん」~0歳からのおもちゃと絵本のセット「KUMON TOY Baby」シリーズ~

2019/11/08 09:28

モニターの様子

4ヶ月の女の子 ひなちゃん

0歳からのおもちゃと絵本のセット「KUMON TOY Baby」シリーズの発売にあたり、モニターとして20名の方に、ご自宅で赤ちゃんと遊んでいただきました!

そのアンケートとお写真を、商品ごとに紹介します。第1回目は「でるかな?ラトル+えほん」。生後3ヶ月からのラトルと絵本のセットです。

ラトルは、振るとボールが出てきて、ひっくり返すとなくなる仕組み。音だけでなく、視覚的にも楽しめるラトルです。絵本は、ラトルの中のボールたちのお話。

さてさて、どんな風に使っていただいたのでしょうか。

 

4ヶ月の女の子 ひなちゃん

触ったり握ったりができるようになってきたひなちゃん。おもちゃも絵本も、手で確かめたくてたまらなかったようです。

3ヶ月の女の子 Kちゃん

Kちゃんのおうちでは、ママがこんな工夫をしてみたところ…

 

こんな反応があったとのこと!

 

モニターの様子

【6ヶ月の女の子 まおちゃん】

6ヶ月の女の子 まおちゃん

ママの読み聞かせの声と絵本のイラストに興味津々のまおちゃん。


何色のボールが出るかわからない「おみくじ」のようなラトルなので、成長してからも楽しめます。

 

 

モニターの様子

【2ヶ月の女の子 海夏ちゃん】

【2ヶ月の女の子 海夏ちゃん】

対象年齢は3ヶ月からですが、モニターということで、特別に2ヶ月の海夏ちゃんにも遊んでいただくことができました。

初日と、何度か遊んだ後では反応が変わってきたそう。

 

まだ自分から触ることができないので、ラトルはいっしょに持って遊んだり、絵本は、近づけたり遠くにしたりして興味を持つように工夫したそうです。

皆さん、おもちゃと絵本のセットで、自然と「ことばかけ」ができたり、赤ちゃんの反応に合わせて工夫したりしながら、楽しく使っていただいたようでした!
またこれからどんどん反応が変わっていくのではないでしょうか。反応の違いは、成長のあかし。これからが楽しみですね。

 

「でるかな?ラトル+えほん」の商品詳細はこちらへ。

「KUMON TOY Baby」シリーズの詳細はこちらへ。

このカテゴリの他の記事

なるほど!くもん出版とは

ロングセラー商品ができるまでの開発ストーリー、担当者が語る商品への想い、使い方のコツやヒント、お客さまから寄せられたお声など、楽しく読め、お役に立てるような情報を発信していきます。

商品カテゴリー(KUMON TOY、幼児ドリル)だけでなく、「開発ストーリー」「お客さまの声」といったカテゴリーでも読むことができます。

なるほど!くもん出版 トップへ