menu open
ページの先頭へ

KUMON

くもん出版

商品ラインアップへ

図書館向け児童書

元号の歴史大事典 大化から令和―由来と改元の理由

大化から令和まで、全248の元号を収録。

監修:相田満

定価:本体 5,000円(税込5,500円)

[内容紹介]

 延暦寺、保元の乱、享保の改革・・・・・・日本の歴史、また日本人の生活を振り返ると、さまざまな場面で見られる元号。

 明治以降では一世一元制が採用され、天皇の代替わりのときにのみ改元が行われるようになったが、それ以前はいろいろな理由で改元が行われていた。

 例えば、989年の「天延」から「永祚」への改元のときは、ハレー彗星の出現が原因の1つと言われている。彗星は今でこそ天体ショーの1つだが、当時は不幸の前触れとして恐れられていた。当時の人々は良くないことが起こると、改元して世の中を一新しようとしたようだ。

 逆に、良いことが起こっても改元した。724年には、赤い目をした白い亀が見つかっておめでたいということで「神亀」という元号に改めている。

 このように、昔は世の中の動きや当時の人々の考えを反映して決められていた元号。だから、元号を知れば、もっと歴史が面白く感じられるはず。

発売年月: 2019年 08月
在庫状況: 販売中

ISBN:9784774327181
商品コード:61040

判型:A4変型
本体サイズ:縦27.6×横21.3cm×厚さ2cm
ページ数:160
対象:小学校高学年から中学生。主に中学生。

絵本・児童書カテゴリ・トップへ
ご相談・お問い合わせはこちらから 0120-494-615 月~金9:30~17:30(土日祝除く)メールでの お問い合わせ
絵本・児童書カテゴリ・トップへ
ご相談・お問い合わせはこちらから 0120-494-615 月~金9:30~17:30(土日祝除く)メールでの お問い合わせ