menu open
ページの先頭へ

KUMON

くもん出版

商品ラインアップへ

創作絵本

ちちんぷいぷい

きつねさんの帽子のなかから、 なにが出てくるかな?

みどころ

あれれ、おかしなかっこをしたきつねさんがいるよ。知らないな、こんなおじさん。ぼうしになにかかくれてる?

「ちちん ぷいぷい……ぱっ」

どんぐりがいっぱい出てきた! またハンカチをぱっと上げると、今度は柿。さらにさらに?

次々と目の前で起こる不思議に、動物たちの目が輝き、驚き、生き生きと画面を動きまわります。それはもう子どもたちの姿そのもの。見ているだけでも元気になれるような、明るいこの絵を描いているのは、堀内誠一さん。新たに発見されたという原画に、詩人の谷川俊太郎さんが文章を書き下ろし、今の子どもたちに届ける新刊として誕生したのが、この絵本なのです。

心地よい言葉のリズムに乗せられて、ページをめくりながら、思い思いに絵を読み解く楽しさを味わってくださいね。

(磯崎園子 絵本ナビ編集長)

ベストレビュー
たね明かしも

谷川俊太郎さんと堀内誠一さんのコラボ作品とは、なんて贅沢なんだろうと思い、手に取りました。
派手な格好をしたちょっと怪しげなきつねさん。ぼうしにハンカチをかけ、「ちちんぷいぷい…ぱっ」とすると、美味しそうな秋の味覚が現れます。
見ている動物たちは目を輝かせて大喜び。きっとこの本を読む子供たちも、動物たちと一緒に大喜びするんだろうなぁと想像して嬉しくなりました。
最後にたね明かしがちゃんとあるのもいいです。
(クッチーナママさん 40代・ママ 女の子18歳、女の子15歳、男の子12歳)

【内容紹介】
『ぐるんぱのようちえん』『たろうのおでかけ』(いずれも福音館書店刊)の画家で、没後34年のいまも人気の絵本作家の堀内誠一。

2022年はそんな堀内誠一の生誕90周年にあたります。堀内誠一の仕事に再び光をあてる展覧会の準備のなかで、単行本として残されていない原画が見つかりました。

たくさん残された原画のなかに、きつねさんが「ちちんぷいぷい」とおまじないを自分の帽子にかけて、動物の子どもたちを楽しませているものがありました。

これらの原画に、詩人の谷川俊太郎が、「ちちんぷいぷい」と素敵な言葉を振りかけて、楽しいこの絵本が出来上がりました。

子どもたちは、リズムよい言葉に導かれてページをめくりながら、絵を読み解く楽しさを味わってくれることでしょう。

発売年月: 2021年 10月
在庫状況: 販売中

ISBN:9784774332550
商品コード:29561

判型:A4変型判
本体サイズ:縦20.6×横21.7×厚さ0.8cm
ページ数:25
対象:乳幼児から

絵本・児童書カテゴリ・トップへ
ご相談・お問い合わせはこちらから 0120-373-415 10:00〜12:00/13:15〜17:00(土日祝除く)メールでの お問い合わせ
絵本・児童書カテゴリ・トップへ
ご相談・お問い合わせはこちらから 0120-373-415 10:00〜12:00/13:15〜17:00(土日祝除く)メールでの お問い合わせ