menu open
ページの先頭へ

KUMON

くもん出版

商品ラインアップへ

創作絵本

ムカッ やきもちやいた

なんでこんな気持ちになるんだろう…。やきもちを描く気持ち絵本。

立ち読みする立ち読みする

さく:かさいまり

え:小泉るみ子

定価:本体 1,400円(税込1,540円)

ベストレビュー
やきもちが消えてよかった!

転校生の”たなかあんり”ちゃんが、大好きなふうこちゃんの隣の席になったので、ふうこちゃんは、あんりちゃんと話をしたり音楽室を教えてあげたりしているので、「ムカッ!」としてしまった。家に帰って弟のけんたが、あかちゃんのゆうたにやきもちをやいていたので、自分でもあんりちゃんにやきもちをやいていることに気がつきました。マラソンを一位になって、あんりちゃんが声援してくれたことをキッカケに焼きもちも消えて、あんりちゃんの希望通りふうこちゃん、るいちゃんの三人が仲良くなれてよかったなあと思いました。やきもちをやいているのを素直に認めて早く解決できてよかったと思いました。女の子も心情をとてもわかりやすく描いてありました。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

[内容紹介]
わたし(るい)は、転校生のあんりちゃんが、自分の仲良しのふうこちゃんと仲良くしている見てなんだか「ムカッ」。

放課後、ふうこちゃんが、一緒に帰ろうと誘ってくれても断ってしまいます。うしろにあんりちゃんがいたから「ムカッ」ってしちゃって…。なんで「ムカッ」ってするのかな?

この気持ちなんだろう? 帰宅したわたしは、弟が赤ちゃんにやきもちやいているの見て自分の「ムカッ」の気持ちが“やきもち”だということに気づきます。

次の日の学校でも、わたしはまた「ムカッ」。

でも、体育の時間、もう「ムカッ」ってしたくないなと思いながら走っていたわたしに、ふうこちゃんの応援の声がきこえました。全力で走りおわって、わたしは、ふうこちゃんとあんりちゃんに自分から話しかけます。そのとき、わたしは、なんとなくやきもちの気持ちが消えていることに気づくのでした。

やきもちは、ほっておくとどんどんふくらんで、いじわるしたくなったり、自分も苦しくなる。だから、やきもちは、うまれたばかりのとき、大きくなる前になくしてしまったほうがいい。

これは、できたてのやきもちの気持ちに、自分で気づいて、友だちとの関係のなかでそれを解消して一歩進んでいく女の子のお話です。

【普遍的なテーマと読み応えあるストーリー展開が魅力】

どの子にも思いあたる「ムカッ」という気持ち。読者は、絵本から、自分の気持ちを振り返ったり、友だちのとの関係へと思いを巡らせていくでしょう。

発売年月: 2018年 10月
在庫状況: 販売中

ISBN:9784774327761
商品コード:29514
NDC:913

判型:A4変型
本体サイズ:縦26.6×横21.6×暑さ0.8cm
ページ数:32
対象:小学校低学年から

絵本・児童書カテゴリ・トップへ
ご相談・お問い合わせはこちらから 0120-494-615 月~金9:30~17:30(土日祝除く)メールでの お問い合わせ
絵本・児童書カテゴリ・トップへ
ご相談・お問い合わせはこちらから 0120-494-615 月~金9:30~17:30(土日祝除く)メールでの お問い合わせ